賃貸豆知識

引越し編:旧新居のお掃除のポイントについて

荷造りと平行して忘れずにしっかりやりたいのが新旧居の掃除です。旧居の掃除は荷造りと同様、出来るところから早めに始めてしまいましょう。掃除にも思いの他時間がかかるものです。

旧居のお掃除のポイントは

  • 畳・床・壁・天井
    まずは、掃除機をかけた後、固く絞った雑巾で全体を拭きましょう。特にごしごしこする必要は通常無いと思いますが、家具を置いた後には掃除できないところも今ならまだ楽に掃除できるのです。最初が肝心!という気持ちで臨みましょう。
    また、新居に事前に掃除に出向く場合には、当然向こうにはなにも用具がありません。天井や壁の上の方など、今のうちに掃除しておきたいところに手が届かない…という事もありがちです。
    掃除用具や、事情が許せば脚立なども持参していきたいものです。
  • キッチン
    ガスは開栓に立会いが必要な為、まだ使用出来ませんが、水道はこのときから栓を開けて使用できる場合がほとんどだと思います。開けた栓は念のため引越し当日までは再び閉めておきましょう。
  • トイレ・お風呂
    こういった部分は最低限きれいにして明け渡されるはずですが、よく見てみるとお風呂の脱水口が汚れていた、などということも。そうでなくても中古住宅の場合、気分的にも自分でもう一度きれいにしておきたいものですね。
    ユニットバスなどの場合、シャワーカーテンが置いてあることもありますが、もし好みの品を用意するつもりなら、備付品は最初から手をつけずに保管しておきましょう。
  • 畳・床・壁・天井
    畳・フローリングなどは、掃除機をかけた後固く絞った雑巾で拭きましょう。場合によってはつや出し用の洗剤などを使ってもよいでしょう。ただ、説明を良く読んで、かえってはげることなどのないように気をつけて!
    壁や床などの小さなキズ・穴などは市販の補修材で、かなりキレイになります。こういう細かいキズは、結構引き渡し時のチェック対象になるようですので、出来るだけ修繕しておきましょう。
    タバコを吸う場合のヤニなどはなかなか取れませんが、それ以外の積もり積もった汚れは、根気良く落とせば意外なほど落ちるものです。
  • キッチン
    キッチンは、言わずと知れた最大の難関です。油汚れがひどいので、心して大掃除しましょう。
    年末の大掃除の倍くらい時間をかけるつもりでもいいでしょう。油でべとべとになったものは、外せる物は全て外してつけ置きを。また、小麦粉を振りかけてこすると油が粉になじんでポロポロととれてきますので、これもオススメです。
    最後はからぶきで、ピカピカに仕上げましょう。
  • トイレ・お風呂
    これも汚れのひどいものにはつけ置きが有効です。洗剤をかけてから暫く放置しておきましょう。浴槽は材質によって洗剤が異なってきますので、洗剤の説明をよく読んでから利用しましょう。
    シャワーカーテン他のカビ、水道管のつまりなども徹底的にチェック。 また、複数の洗剤の使用や、つまった髪の毛などを溶かす洗剤は非常に強いので取り扱いにも充分な注意が必要です。
    掃除後は換気も充分にしておきましょう。